雑記

その他もろもろです。

  • 昔の名作絵本が日本のKindleでも読めるようになりました

    子供のにはできるだけ日本語の本を寝る前に読みたいと思い、毎月2-3冊の日本の絵本を購入したり、図書館から借り出ししたりしていますが、お金もかかるし、本を置いておく場所もないし、せっかく手間をかけて入手した絵本も子供が好きじゃなかったりと、いろいろ難しいなぁと感じていたのですが、最近、日本のKindleでもかなりよい日本の絵本が読めることを発見しました。 以前は、日本のKindleの絵本は、自費出版の本が多く、クオリティーもけっこうばらつきがあったりして、本を選ぶのが大変だったのですが、最近は、大手出版社も参入しだしたらしく、かなり安価に日本の名作絵本がKindleで読めるようになっています。うちのこの最近のオススメは、小学館の「デジタル復刻語りつぐ名作絵本」シリーズで、これは一冊75円と非常に安価で、クオリティーも高いです(古い絵本なのでちょっと絵が古い感じもしますが、これはこれで懐かしくてよいかなぁとも思います)。シリーズですでにKindleで出版されているのは以下のような本です。 あかずきんちゃん デジタル復刻 語りつぐ名作絵本 (谷口由美子 伊藤悌夫) イソップえばなし デジタル復刻 語りつぐ名作絵本 (立原えりか 鈴木康彦) イソップのおはなし デジタル復刻 語りつぐ名作絵本 (那須田稔 深沢邦朗 長野博一 上田武二 水野二郎 竹山博) いっすんぼうし デジタル復刻 語りつぐ名作絵本 (松田司郎 水野二郎) うらしまたろう デジタル復刻 語りつぐ名作絵本 (早野美智代 有賀忍) うりこひめとあまんじゃく デジタル復刻 語りつぐ名作絵本 (西本鶏介 池田げんえい) おおきなかぶ デジタル復刻 語りつぐ名作絵本 (浜島代志子 柿本幸造) おはぎをたべたのはだれ デジタル復刻 語りつぐ名作絵本 (西本鶏介 はせがわゆうじ) おむすびころりん ...
  • ニューヨーク総領事館による日本語の教科書の配布 (2019年前期; 2019年3月15日締切)

    ニューヨーク総領事館による日本語の教科書の無償配布のお知らせです。在留届を出した日本国籍を有する小学生以上の子女で、ニューヨーク総領事館の対応州 (ニューヨーク州、ニュージャージー州、ペンシルベニア州、デラウエア州、ウエストバージニア州、コネティカット州、プエルトリコ、バージン諸島)に住んでいる方は、以下の手順で教科書の無償郵送(郵送費は含まず)が受けられるそうです。申請期間は、2019年2月1日 (金) – 3月15日(金)必着とのことです。 https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/education/03_textbook_2019_1.html
  • ニューヨーク総領事館での日本文化啓蒙品レンタル

    先日イベント開催のために、ニューヨークの日本総領事館さんから日本文化啓蒙品をお借りする機会があったので、他の団体さんでも日本文化イベント開催の際には同様な需要があるかと思い、情報共有しようと思いました。 ニューヨークの日本総領事館さんでは、以下の物品を無償で貸し出ししているそうです。詳しい情報は、https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/en/b/06.htmlにあります。 Dolls: Ichimatsu Doll / Kokeshi Doll Ikebana Set (vase, scissors, and water frogs) Japanese clothes Yukata (men, women, boys, girls) Japanese clothes Happi coat Usu (wooden mortar) & kine ...
  • ニューヨークでの桜祭りイベント

    春になると、いろいろなところで桜祭りが開催されます。今日は、桜祭りの情報について調べてみました。一番有名なのは、Washinton D.C.の桜祭りですが、そのほかにも地域での小さな桜祭りがニューヨークの各地で行われています。まだ多くのところで2019年の日程が決まっていなかったので、2019年の情報がない場合は2018年の情報を記載しています。おそらく日程は2019年も大体2018年と同じになるのだと思います。 Sakura Matsuri in Washington DC Date: Saturday, April 13th, 2019 Time: 10:30am-6:00pm Place: Washington DC (Pennsylvania Avenue, NW) Website: http://www.sakuramatsuri.org Description: The Sakura Matsuri – Japanese Street Festival is ...
  • アストリアでの日本語でのアートプログラム

    掲示板で以下のようなアストリア近郊での日本語でのアートプログラムの開催のお知らせを見つけました。小学生対象で、毎週水曜日に開催するそうです。 小学生の日本語アートクラス・体験ワークショップ 1月から毎週水曜日、アストリアのアートスタジオで、少人数制の日本語アートクラスを始めようと考えています。今回、体験クラスをかねて、冬のホリデーシーズンに楽しい、ろうそくデザインワークショップを開催します。カラーワッ クスを体温でゆっくり温めながら、ろうそくに2D/3Dのデザインを施し、世界に一つだけの実際に使えるアートを作ってみましょう。ろうそくは、当日持って帰れます。スタジオに来ていただいて、クラスの雰囲気等を実際に体験して下さ 12月19日(水曜日)3:30pm-4:30pm 材料費: 1人$15 (当日キャッシュでお支払いください。大人の参加可。) 場所: Astoria Blvd x 43rd 8t (地下鉄N 線Astoria Blvd駅から徒歩10分。R.M 線) Steinway 8t駅から徒歩15分。M60-8B8 バス、8teinway 8tから徒歩3分。Q19パス、44th 8tから徒歩1 分。静かな住宅地で、車の路上駐車みつけやすいです。 材料・スペースに限りがあります。必ず事前に、参加される人数、名前、年齢を、e-mail:hiromiartclass@gmail.comまで、ご連絡ください。住所等の詳細を、お送りします。 ティーチング・アーテイスト: ニイゼキヒロミ 1991-2015 年, Whitney Museum教育課、Doing A吋Toghether/Metroporitan Museum で経験を積み、Children’s Museum ...
  • 日本での多重国籍を認める国籍法請願運動について

    MHBというバイリンガル教育に関する国際グループから日本での多重国籍を認める国籍法請願運動についてのメッセージをもらいました。ご参考まで、以下転送文です。 海外に長く在住されている方や国際結婚をされている方はよくご承知と思いますが、日本の現行の国籍法では、日本籍と外国籍の両親の間に生まれた子供は二重国籍が認められるものの、本人が22歳になった時点でどちらか一方を選択する事が求められており、これが双方の国にルーツを持つ若い世代には辛い選択を強いるという問題点がかねてから指摘されていました。また日本籍を持ちながら、国際結婚や仕事の都合で外国籍を取る道を選んだ人は、その時点で日本国籍の放棄を求められており、これもグローバル化の時代の現実にはそぐわないと言う声がありながら現在に至っています。この国籍法については、日本政府に改正を求めたい事案だという声が海外の各地から上がっており、今回の日本語教育推進法の署名請願の折にもコメントとしてこの件に触れられた方がありました。 こうした折しも、この国籍法改正の運動を長く進めてこられた「国際結婚を考える会」のトルン紀美子さんから署名運動のお知らせを頂いたので、ご関心をお持ちの方にお知らせします。この組織は国際結婚をされた女性たちの手で1980年に日本で立ち上げられた会ですが、現在は世界各地の有志を繋ぐ組織になり、2001年からは、年に2回、通常国会が開催されるたびに署名活動を行うという息の長い活動を続けておられます。その方法は、紹介議員という賛同者を衆参の国会議員の間で増やし、世界中から自筆の署名を集めてこの紹介議員を通して国会に提出し、審議への道を開くという手間のかかる作業であり、その集めた署名も会期が終われば無効になるというものです。これは、私たちの日本語法案に対する署名活動が、すでに成立している議員連盟の手で作成された法案原案への追加要請という条件だったために、オンラインによる署名集めで受け入れられたこととも違いがあると言えます。 この国籍法改正のための請願運動は、目下、来年1月に開催予定の通常国会に向けての署名活動に入っておられます。その活動内容を知りたい方は「国際結婚を考える会」オンラインサイトの次のページに説明がありますので、ご覧になって下さい。 国籍法請願運動のページ http://amf.world.coocan.jp/petition.html この請願運動の中で、「国籍選択制度」と「日本国籍保持者が他国籍を得た場合の日本籍放棄」の2件は、別の事案としてそれぞれに署名の受け付けがあり、次のサイトから用紙をダウンロードする事ができます。趣旨に賛同され、署名を送られたい方はどうぞそちらをご参照下さい。 「国籍選択制度の廃止を求める請願」 http://amf.world.coocan.jp/pdf/Kodomo%20seiganyoushi.pdf 「もともと日本国籍を持っている人が他国の国籍を取得した段階で日本国籍を自動的に喪失しないよう求める請願」 http://amf.world.coocan.jp/pdf/AMFDNP05-3.pdf 署名された用紙の郵送先ですが、発信者が海外と国内とでは送り先および締め切りの期日が異なっており、それぞれ次の通りとのことです。 日本国内の署名の宛先(1月5日締め切り) 小泉美津子  〒145-0072  東京都大田区田園調布本町13-23 海外からの場合(1月末締め切り) Kimiko Thorn Blauregenweg 4 57223 Kreuztal Germany この国籍法の問題については、皆様それぞれに色々なお考えをお持ちのことと思いますが、東京の日本記者クラブで2016年10月に行われたトルンさん等の記者発表では、こうした現場からの意見や問題点が語られています。 「海外に住む日本人と複数国籍」 https://www.youtube.com/watch?v=JVdwgCoIyks カルダー淑子
  • ニューヨークの子供遊びスポット: MTAのレトロ電車 (MTA Holiday Nostalgia Train 2018)

    MTAが毎年年末に運営しているレトロ電車が2018年も11月末から12月末まで運営されるそうです。運行ルートとスケジュールは以下のウェブサイトで見られます。レトロ電車は、毎週日曜日、レトロバスは、毎週月曜日の指定時間に運行されていますので、今年は子供と一緒にレトロ電車/バスを狙って乗ってみようと思っています。 https://www.nytransitmuseum.org/holidaynostalgiarides/
  • ニューヨークの子供遊びスポット: Japan Villege

    まだ空いていないので、いまいち子供と行けるところかどうかわからないのですが、BrooklynのSunset ParkにJapan Villegeという超巨大な日本食マーケットが完成しました。オープンは2018年始めということだったんですが、伸びに伸びて2018年11月24日(土)にオープンすることになったそうです。 ——————————– Name: Japan Villege Sunset Park ——————————– Institution: Japan Village Address: 934 3rd Ave, Brooklyn, NY 11232, USA Website: https://japanvillage.com/ ——————————– ロイターのJapan Villageのビデオ取材を見つけました。 https://jp.mobile.reuters.com/video/2018/12/07/ニューヨークに「日本村」が誕生7日?videoId=489587058&videoChannel=206
  • Parent-teacher conference (保護者懇談)

    今年、上の子がpublic schoolのkindergartenに入ったのですが、そのparent-teacher conference (保護者懇談)がありました。Pre-Kの時もあったのですが、Pre-Kでは成績などはつけられずに文章で書かれた成績をもらうだけだったのですが、kindergartenではDOE指定のReport Cardというものにそって、成績がつけられます。DOEのレポートカードは、DOEのウェブサイト (https://www.schools.nyc.gov/school-life/learning/student-records-and-transcripts/report-cards)にあります。Kindergartenのものはこんな感じです。 で、parent-teacher conferenceの当日に、成績をもらうのですが、パッと見たら、2とか3とかがいっぱい。日本の小学校とかでは、ほぼ全部が「たいへんよくできました」で、一つくらいが「できました」とか「がんばりましょう」だったような気がするのですが、うちの子は幼稚園からヤバイのかと心配になってしまいました。で、いろいろ聞いてみたら、NYCの成績のつけ方はabsolute assessmentで、学年の目標 (standards)に到達しているかどうかを指標につけられているので、学年の最初の方は2やら3が多く、学期の最後の方には3とか4とかになるとのことでした(慰められているだけかもしれませんが)。幼稚園児から目標に達しているかどうかとかを問われるとは、やっぱりアメリカはシビアです。 で、実際の面談は、結構サクサクと進みました。「日本語もがんばってやってもらいたいと思っているんです」と言ってみたら、「バイリンガルの子供は、学年が小さいうちは英語能力がモノリンガルの子供より劣ることがしばしばあるんですが、2-3年したら差とかはなくなりますよ」とのお返事でした。Dual languageとかのプログラムなどはない普通のpublic schoolなんですが、先生がバイリンガル教育に理解があるのは少し嬉しかったです。
  • 五歳の誕生日のプランニング

    子供の5歳の誕生日をクラスのみんなでお祝いしようと、結構本格的に企画しました。結果的に、無事誕生日も終わり、子供も非常に楽しく過ごせたので、また今度下の子が5歳になった時のために、誕生日のプランを書いておこうと思います。 (1) 場所 今回は、雨や天候が悪い時のためにAstoriaにある屋内の遊ぶところがある施設にしました。施設に関しては、ちょっと駅から遠くてアクセスが不便でしたが、その分比較的安価にサービスを受けられたかと思いました。場所に関してのリビューはGoogle Reviewsに書いていますので、そちらの方を参照ください。 (2) 招待状 最初は、Shutterflyで招待状をプリントアウトしたのですが、結構高かった上 (about $60)、プリントしたものに返事するのは面倒らしく、これは完全に失敗しました。結局、Eventbrite (https://www.eventbrite.com)というonline RSVPサービスでリンクを作って、それをメールするか、メールアドレスがわからない人にはプリントアウトしたものを渡したのですが、こちらの方が無料ですし、返信率が高かったです。 (3) ケーキ 少しでも日本のことを思い出に残せたらと思い、日本のキャラクターデザインをしたケーキを作ってくれるというサービス (Apricot Peach Cake / https://www.instagram.com/apricotpeachcake/)にケーキをつくってもらいました。見本で出した資料を、実際に作ってもらったケーキの写真です。 カスタムオーダーのケーキだけだと高くつくので、カップケーキや市販のケーキなどを混ぜておきました。結果的に、ケーキよりもカップケーキが好きな人や、フレーバーの違いなどいろいろなオプションができてよかったと思います。 (4) 食べ物と飲み物 屋内施設でパーティーをすると、通常は施設が利用しているcatererを利用することになり、それが結構高くなります。今回は、ゲストは子供が20名、大人が25名程度だったのですが、ピザとソーダなどを注文したら、やっぱり$100近くになりました。chocolate milkやmilkなどを持ち込んだり、持ち込めるお菓子などを持って行ったのですが、それでも食べ物代は結構かかったと思います。 (4) Goodie bags アマゾンでgoodie bags用の袋と、中国製のおもちゃ(Balloon helicopter, Flying glider, Bubble)を購入して自分でGoodie bagsをつくったのですが、これはあまり好評ではなかったです。Play-dohも入れていたのですが、やっぱり、馴染みの深いものの方が子供も保護者の人も安心みたいでした。あれから他の子供の誕生日に行ってよかったなぁと思ったアイデアは、安い中国製の電卓をgoodie bagsに入れておくことです。これは子供はみんなとても好きそうで、良いアイデアだと思いました。あえて子供向けのおもちゃを買うよりも、そういったものの方がよいのかもしれません。 (5) ...