継承語学校の紹介

見学に行った学校や、人から聞いたNYでの日本語を重視した子供向けプログラムです。

  • Queens児パング 2021年秋学期の募集

    Queens児パング 2021年秋学期の募集
    Forest Hillsでインフォーマルケアを行なっているQueens児パングの2021年秋学期の募集要項です。詳細は、ウェブサイト https://queensjipang.wixsite.com/queensjipangを参照ください。 —————————————— 「麻紀先生のZoom日本語親子クラス」のご案内です。麻紀先生がクィーンズのご家族のためにと、オンラインクラスを9月から再開して下さいます。 対象は4歳以下です。補習校幼児部での経験が豊かな保育士の先生で、海外で子育てする保護者の悩みにも親身に聞いてくださいます。ぜひご参加ください! 日本語親子クラスのご案内 日本語親子クラスは、zoom を使ってのオンラインクラスてす。季節の製作や歌、手遊び、運動遊び、お話の時間など、先生やお友達と一緒に楽しく遊びながら日本語を学びます。 日程 9月クラス: 9月28 日 10月クラス: 10月12日、10日、26 日 11月クラス: 11月9日、 16日、 23日 12月クラス: 11月30日、12月7日、14日(全て火曜日) 時間 午前 10:00-10:40 対象 2~4 ...
  • ニューヨーク総領事館による日本語の教科書の配布 (2021年後期; 2021年 9月17日締切)

    ニューヨーク総領事館による日本語の教科書の配布 (2021年後期; 2021年 9月17日締切)
    ニューヨーク総領事館による日本語の教科書の無償配布のお知らせです。在留届を出した日本国籍を有する小学生以上の子女で、ニューヨーク総領事館の対応州 (ニューヨーク州、ニュージャージー州、ペンシルベニア州、デラウエア州、ウエストバージニア州、コネティカット州、プエルトリコ、バージン諸島)に住んでいる方は、以下の手順で教科書の無償郵送(郵送費は含まず)が受けられるそうです。申請期間は、2021年9月17日(金)必着とのことです。
  • Brooklyn de Kosodate

    Brooklyn de Kosodate
    Brooklyn de Kosodateという子育てコンサルティングサービスがあるそうです。内容的には、子育て家庭環境構築支援、子育て支援・援助、保護者・教師・保育士のワークショップ企画運営などをやっておられるそうで、無料での体験イベントやブログなどでの情報発信もやっておられるようです。
  • ブルックリン日本語学園(BJAFA)が対面授業を2021年9月から再開

    ブルックリン日本語学園(BJAFA)が対面授業を2021年9月から再開
    ブルックリン日系人家族会が運営する「ブルックリン日本語学園」ですが、2020-2021年度はオンラインでの授業を行なっていたそうですが、2021年の9月から(ブルックリン日本語学園は、アメリカの学校と同じく9月が新年度の始まりです)対面での授業を再開されるそうです。 また、再開に合わせて、Pre-Kの入学希望者も若干名受け付けているとのことでした。詳しくは、BJAFAのホームページを参照ください (http://bjafa.org).
  • マンハッタンの新しい補習校 (Alto)

    マンハッタンの新しい補習校 (Alto)
    2021年の9月から、マンハッタンのミッドタウンにAltoという新しい日本語補習校ができるそうです。ニューヨークにある「Z会・栄光ラーニングセンター」と「すらら」という日本のいわゆる学習塾が補習校の分野にも進出してきたもので、これまで補習校はどちらかというと草の根的な保護者のネットワークからできてきた歴史を考えると非常に新しい動きだと感じます。 まだウェブサイトでの情報を読んだだけですが、大まかな情報としては、以下のような感じです。 Alto (あると) Address: 370 Lexington Avenue Suite1804, New York, NY 10017 Website: http://alto-edu.com Email: info@alto-edu.com 今の所の対象は、小学校1年から3年の範囲の学習を希望する子女。 通常の補修校と異なり、クラス単位での運営ではなく「自由進度 × 個別学習」を目標にしているとのことで、例えば、算数は5年生の教材を使うけれども、国語は3年生の教材を利用するというカリキュラムも可能。 授業は(おそらく週末の)9時から1時まで。クラス単位の授業ではなく、子供たちが自分の学習プランに沿って学習するのを教員がサポートするような体型の学校。「作文」「プロジェクト」などは、クラス単位での活動もある。 授業料、入学金は、他の補習校とだいたい同程度。授業料の他にも教材費、施設費、また、「すらら」を利用するタブレットの購入なども必要。 ウェブサイトの情報だけですが、いわゆる学習塾のように個人のペースで学習する形を使って、補習校にも活用していこうという感じのようでした。このような体型の補修校は非常に珍しいので、いろいろ情報を集めていこうと思います。 とりあえず、2021年9月の入学を希望する人のために、6/12(土)11:00am-12:00pmに開校説明会が開催される予定とのことです。詳細は、https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfgUGZUhDFokowfAoPW5IZ6ZkH5LpLbrIQPcfjpWY9a1ZudvQ/viewformを参照ください。
  • あおぞらコミュニティーが対面授業を2021年9月から再開

    あおぞらコミュニティーが対面授業を2021年9月から再開
    Brooklynにある「あおぞらコミュニティー」(旧 あおぞら学園)が、2021年9月からは対面での土曜日プログラム/アフタースクールプログラムを再開することになったそうです。プログラムの再開に合わせて、以下の日程でプログラム説明会を開催されるとのことでした。説明会への登録は、https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSefEhe0G7x9tFdUPGSvEtP0vlMQMzm2mUD_hmJOy-Gf6EZ3mg/viewformでできるそうです。 プログラム説明会日程: 2021年 6月3日 (木) 1:00pm-2:00pm 2021年 6月10日 (木) 5:00pm-6:00pm
  • ロングラアイランド YMCA サマーデイキャンプの先生募集 (2021)

    ロングラアイランド YMCA サマーデイキャンプの先生募集 (2021)
    Long Island City YMCAで2021年の7-8月の日本語でのサマーデイキャンプの先生を募集しているそうです。 —————————– Long Island City YMCA, located right across LaGuardia, is running a Japanese-English ...
  • ニューヨーク日系人会/JAAの大学進学奨学金 ($1,000 – $10,000 / 締切 Mon, May 3, 2021)

    ニューヨーク日系人会/JAAの大学進学奨学金 ($1,000 - $10,000 / 締切 Mon, May 3, 2021)
    ニューヨーク日系人会 (JAA)が毎年、ニューヨーク近郊の高校を卒業した日系人子女を対象とした「JAAジェネラル奨学金」の2021年の締切りは、2021年 5月3日 (月)とのことです。
  • 2021年ブルックリン日本語学園 (BJAFA/BNG) オープンハウス

    2021年ブルックリン日本語学園 (BJAFA/BNG) オープンハウス
    ブルックリン日本語学園 (BJAFA/BNG)のオープンハウスが以下の要領で2021年5月8日(土)にオンラインで開催されるとのことです。Pre-Kから入らない場合は、欠員が出た時のみの随時応募とのことです。 BJAFA/BNGの状況はよく知らないのですが、通常はNYの補習校は1年生から3年生くらいまでは非常に人気が高くて欠員待ちなことが多いので、もし1年生の時点でいずれかの補習校に在籍したい場合は、幼稚園くらいから入学する必要があるようです。 BJAFA/BNGは、コミュニティーを重視した学校運営をしているので、子供の日本語継承語教育に積極的に関わっていきたい保護者にはとても良い学校だと思います。自分も一度授業参観をさせていただいたのですが、カリキュラムもフレキシブルで、日本語の教科書を使うのですが、日本の学校で教えられるような使い方ではなく、テーマベースな授業運営をされていました。 ———————————- ブルックリン日本語学園新年度オープンハウス ———————————- ブルックリン日本語学園 オープンハウス 2021年5月8日(土) 午前10:30~11:30 オンラインアプリ「Zoom」を使用予定。 http://bjafa.org/nihongogakuen/home/school-enrollment/ ———————————-
  • ニューヨーク日本人学校の移転

    ニューヨーク日本人学校の移転
    2021年 4月24日 (土)の週刊NY生活誌によると、コネチカットにある日本人学校が、グリニッジからリバーサイドに移動することが決まったそうです。 この記事にもありますが、ニューヨーク日本人学校は、元々はニューヨーク市のクイーンズにあったのですが、1990年代のバブル期の日本企業駐在員の増加、また、日本企業駐在員の家庭がニューヨーク市内からホワイトプレーンズなどの郊外に移動するのに伴い、コネチカット州のグリニッチに移動しました。今回は規模の縮小に伴い、リバーサイドにある校舎に移動するとのことでした。