学校紹介

見学に行った学校や、人から聞いたNYでの日本語を重視した子供向けプログラムです。

  • Benesseの「こどもちゃれんじ」

    Benesseの「こどもちゃれんじ」
    しまじろうで有名なBenesseの「こどもちゃれんじ」ですが、うちの二人の子供は、2歳の「こどもちゃんれんじ ぷち」から、6歳の「こどもちゃれんじ じゃんぷ」まで続けていました(下の子は、今も受講しています)。 やはり長年の積み重ねてきた経験があるのか、送られてくる教材の内容や、おもちゃ (エドュトイ)、DVDの内容などへの子供の反応は素晴らしいです。年齢に適応したトピックが多く含まれていて、道路で信号を渡るときは右左を確認とか、幼稚園 (Pre-K)でおともだちとケンカになったときには「ごめんなさい」が言えるようになろうとか、自分の子供の生活習慣の形成に非常に効果的だと感じています。日本語の継承語子女の日本語の学習にどれくらい効果があるのかは、はっきりとか感じられないのですが(どちらかというと、やっぱりアニメやYouTubeなどの方からの日本語のインプットの方が日本語の保持には有効かなぁと思います)、毎月、しまじろうの教材が送られてくると、嬉しくしている子供の姿をみるのはとても嬉しいものです。 で、気になる料金なのですが、大きく分けて、国内向けの料金と海外向けの料金があるそうです。 国内向けの料金は、大体年間20,000円から30,000円とのことなのですが、同じ教材が海外向けになると、年間60,000円くらいと倍近くになります。ただ、海外向けの料金は海外への輸送費も含まれているので、一概に国内向けの料金の方が安いということではないようです。国内向けの料金は、日本に実家があり、そこから定期的に荷物が送られてくるというような状況の際には利用できるかと思います。 毎月のDVDで送られてくるビデオの一部は、YouTubeの「じまじろうチャンネル」でも見ることができるようです。 https://www.youtube.com/watch?v=U95ijHzvCkk
  • JOESのインターネット通信教育

    JOESのインターネット通信教育
    主に日本企業の家族が海外で駐在するさいに利用することが多いJOES (Japan Overseas Educational Services / 海外子女教育振興財団)ですが、最近は、幼児から中学生までの日系子女を対象にしたインターネットによる通信教育を行なっているそうです。現在のCOVID-19のためかどうかはわかりませんが、最近、教材の内容などを一新したそうで、ウェブサイトなどで教材の紹介が上がっていたり、無料で体験を申し込めたりするそうです。 通信教育ですので、基本的には、家庭で保護者が教える形になると思うのですが、COVID-19の影響で日本語の継承語学校への通学が難しい現在の状況を考えると、面白い選択かもしれません。 コースは、以下の3つに分かれているそうです。 幼児コース (0-6歳 / 北米の1年間の料金: 66,600円/年) 小・中学生コース 国語・算数/数学コース (北米の1年間の料金: 44,880円/年) 小・中学生コース 理科・社会コース (北米の1年間の料金: 17,760円/年) 無料体験もあるということなので、もしかしたらちょっと試してみようかと考えています。また、試した後のリビューなども載せていきたいです。
  • Queens児パング: NYCの学校についての座談会 (2021年1月8日)

    Queens児パング: NYCの学校についての座談会 (2021年1月8日)
    Queens児パングさんが、2021年度にNYCの学校に入学予定(特にフォレストヒルズ付近)の保護者のために座談会を開催されるそうです。詳細は以下の通り。 NYCの学校についての座談会 未就学児をもつママパパ達は、コロナ禍で現地校の情報収集が難しいと聞いています。そこで夢さんと私が主催で、NYCの現地校に関する話と質疑応答する場を、Zoomで設けたいと思います。私たちも1年半前にこのような座談会で、先輩ママ達にとても参考になる情報を頂いたので、今回は私たちが皆さんに情報提供できればと思っています。 1月8日(金)夜9時~9時40分 無料 方法:Zoom 対象:NYCの学校の仕組みはアメリカ人でもよくわからないと言われるくらいなので、情報収集に早すぎる事はありません。妊婦さんからこれからPreKやKinderに入学するお子さんの父兄の方々まで、ぜひ参加ください。 内容: ディストリクトとゾーンとは? いつ3K、PreK、Kinderは申し込むの?UPKって? 公立、私立、チャーターの違い? G&Tとは? 公的発達支援(EI, CPSE, CSE)とは? どんな学校行事がある?PTは? コロナ禍の対面授業、オンライン授業はどんな感じ? 日本語教育のチョイスはどんなものがある? 参加方法:下記のリンクから申し込みください。開催日前日にZoomインフォを送ります。事前に質問事項があれば、ぜひ教えてください。フォレストヒルズとその近辺であれば、ここ学校に通っている人から話が聞きたいなどでもOKです。 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfu6-lmg6MrUk4VXRZ0ZR9eoB8q9HuElJ60jZkmISBFtLxH8w/viewform?usp=sf_link
  • 2021-2022年度の日本語補習校、土曜日学校の説明会 (オンライン)

    2021-2022年度の日本語補習校、土曜日学校の説明会 (オンライン)
    多くの日本語補習校、土曜日学校では、2021年4月入学希望者のための入学説明会を10月末から11月にかけて行なっています。以下、自分が見つけた範囲での2021-2022年度の入学説明会の情報です。情報は随時アップデートしていますが、古い可能性もあるので、正確な情報はそれぞれのウェブサイトで確認ください。 2020年11月11日 (水) 1:00pm-1:50pm: リセケネディー日本人学校 (オンライン) Lyceum Kennedy School (Japanese) Address: 225 E 43rd St, New York, NY 10017, USA Phone: (212) 681-1877 Website: https://jp.lyceumkennedy.org/admissions/open-house 2020年11月7日 (土) 4:00pm-5:30pm: ニューヨーク補習授業校 ウェストチェスター Japanese Weekend ...
  • PS147の工藤賀代先生(日本語-英語 Dual Language Program)のブログ

    PS147の工藤賀代先生(日本語-英語 Dual Language Program)のブログ
    PS147の日本語-英語バイリンガルプログラム(Japanese-English Dual-Language Program)の工藤賀代先生が、PS147での取り組みなどを紹介するためにブログを立ち上げられたそうです。リンクは、https://bksensei.comです。 オリエンテーションなどの学内向けの情報が多いですが、その情報などを見てみると、学校でどのように日本語と英語でのバイリンガル教育が行われているのかがわかり、PS147を考えておられる家庭の方にはとても参考になると思いました。特に、6月にバーチャルで行われたVirtual Japanese Festivalには、学生の実際の日本語での発表が見られるようになっていて、とても参考になります。COVID-19の前に一度、PS147での日本語での発表会に参加したのですが、日本語による演劇を非日本語話者の子女が頑張ってやっていたのが印象深かったです。 Virtual Japanese Festival
  • AG5プロジェクトのウェブサイト

    AG5プロジェクトのウェブサイト
    文部科学省の事業「在外教育施設の高度グローバル人材育成拠点事業」で、高度な(Advanced)グローバル人材(Global human resources)の育成を目的としたAG-5 (https://ag-5.jp)というプロジェクトのウェブサイトの紹介です。 全世界の日本人学校と補習校の支援を目標に、7つのテーマに沿って、先生や研究者の共同研究などをすすめるというプロジェクトで、AG-5とあるのですが、なぜか実際に扱うテーマは以下の7つになっています。 研究テーマ 1.日本人学校における高度グローバル人材の基礎的資質形成のためのプログラム開発 研究テーマ 2.日本人学校における総合学習型日本語力向上プログラムの開発 研究テーマ 3.日本人学校における教員(学校採用教員)の指導力向上のためのプログラム開発 研究テーマ 4.補習授業校における日本語能力向上のための総合的なプログラム開発 研究テーマ 5.日本文化発信の拠点形成プログラム開発 研究テーマ 6.ICTを活用した遠隔での教育の質向上のためのプログラム開発 研究テーマ 7.特別支援教育に関する遠隔指導実施に向けた実践的研究 どちらかと言うと、日本語継承語の教育者、研究者向けのウェブサイトですが、非常に多くの研究資料や、教材などのアイデアがあります。基本的には文部科学省のこれまでの指針と同じく、日本帰国予定者向けの補習校への援助と謳っていますが、資料内容とかをみると、どこも補習校は永住者や長期滞在者向け子女の教材開発などがトピックに上がっていました。
  • COVID-19: 「あすなろ国際学園IAAS・グリニッチ国際学園」の閉鎖

    COVID-19: 「あすなろ国際学園IAAS・グリニッチ国際学園」の閉鎖
    とても残念なニュースですが、コネチカット州とニュージャージー州で日本語による幼児保育をしていた「あすなろ国際学園IAAS・グリニッチ国際学園」ですが、COVID-19の影響のため2020年6月1日をもって閉鎖を決定されたとのことです。 継承語学校は、どこも日々の運営のための資金も限りがある状況で、臨時の資金などを確保しているところは少なく、レントや保険代など、クラスが運営していなくてもかかる資金が多いのでCOVID-19が長引けば長引くほど、あすなろ学園のように閉鎖という結論に至る継承語学校も多くなってくるのではないでしょうか。 一度なくなってしまうと、もう一度作り上げるのには何年もかかってしまう日本語継承語の教育ネットワークですので(あすなろ学園に関しては、かなり系統だったしっかりした施設というイメージがあったのですが、この規模に達するまで24年間かかったそうです。)、何らかの形で日系コミュニティーが継承語学校の存続に力を出せるシステムを構築する必要があると感じました。
  • Bookend Tutoring (Grades 3-12)

    Bookend Tutoring (Grades 3-12)
    クイーンズのアストリア近郊で、Grades 3-12を対象にしたチュータリングを行っているBookend Tutoringという塾の紹介です。主催者の方が日本人というだけで、サービス自体はTest対策などを英語で行っていて、日本語継承語教育を行っているというわけではありませんが、ウェブサイトなどを見たら受講者の方は日系子女も多いようでした。 通常は、テスト対策のサマーキャンプなどもやっているようですが、2020年の夏は、全てオンラインでのチュータリングをしているようです。 ——————– Bookend Tutoring (Grades 3-12) https://www.bookendtutoring.com 27-20 Ditmars Boulevard , Astoria NY 11105 347-239-0306 bookendtutoring@gmail.com Regents, State Test Prep, SAT, SHSAT, Homework Help, ELA, Math, Private Tutoring ——————–
  • COVID-19: 2020年のニューヨーク地域の日本語サマーキャンプの状況

    COVID-19: 2020年のニューヨーク地域の日本語サマーキャンプの状況
    毎年、夏の間はニューヨークでの日本語継承語話者向けのサマーキャンプに参加しているのですが、COVID-19のために、ほとんどのところがサマーキャンプの中止などを考えているそうです。以下、自分が問い合わせて、わかっているニューヨーク地域の2020年夏の日本語継承語話者向けのサマーキャンプの状況です。状況が毎日変わっているので、情報が古いかもしれませんが、もし何かアップデートがあればコメント欄に書いておいていただけるとありがたいです。 ニューヨーク地域の2020年夏の日本語継承語話者向けのサマーキャンプの状況 ニューヨーク育英学園 毎年お世話になっているニューヨーク育英学園のサマーキャンプですが、2020年にニューヨーク、ニュージャージーで主宰するサマーキャンプは全て中止し、オンラインによるバーチャルサマースクールを開講するとの事でした。詳細は、ウェブサイトで5月末頃に発表されるとの事です。 New Jersey Address: 8 West Bayview Avenue, Englewood Cliffs, NJ, 07632 Phone: (201) 947-4832 E-mail: summercamp.nyikuei@gmail.com URL: https://japaneseschool.org/program/camp/ New York Address: 310 West 103rd Street, New York, NY 10025 Phone: (212) 935-8535 E-mail: ...
  • オンライン日本語補習校

    オンライン日本語補習校
    最近、北米の日本語継承語話者を対象にした、オンラインでのみの日本語補習校があることをしりました。名前は、「オンライン日本語補習校」(https://online-hoshuko.com)とそのまんまの名前ですが、主な特色などは以下の通りです。 北米の日本語母語、日本語継承語話者向け 日本の文部省認定日本の教科書を使った、日本のカリキュラムに沿った授業。「日本の学校に通う子供たちに並ぶ国語能力を目指す授業を展開」とのことですので、あくまで目標が日本のカリキュラムで、日本語継承語話者も対象にしているようです。 週末だけでなく、平日の夕方にも授業を開催。クラスは、最大5人までのグループレッスン。 授業は、小中学生は、国語(週1回 90-110分授業)、算数(週1回 90-110分授業)の二種類。 授業料は、国語が月額$89.60-112.00、算数が$44.80-$56.00。夏季特別コースや、日本の歴史のクラスなどもある。 おそらくcovid-19の前は、オンラインでの日本語継承語教育は難しいと考えれれていたのであまり脚光を浴びませんでしたが、オンラインでの指導方法やテクノロジーが進化する中で、今後は、いかに場所にとらわれないオンライン指導と地域毎のローカルな行事などをうまく組み合わせていくかなどの議論が進んでいくのかもしれません。