ニューヨーク総領事館での日本文化啓蒙品レンタル

先日イベント開催のために、ニューヨークの日本総領事館さんから日本文化啓蒙品をお借りする機会があったので、他の団体さんでも日本文化イベント開催の際には同様な需要があるかと思い、情報共有しようと思いました。

ニューヨークの日本総領事館さんでは、以下の物品を無償で貸し出ししているそうです。詳しい情報は、https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/en/b/06.htmlにあります。

  • Dolls: Ichimatsu Doll / Kokeshi Doll
  • Ikebana Set (vase, scissors, and water frogs)
  • Japanese clothes Yukata (men, women, boys, girls)
  • Japanese clothes Happi coat
  • Usu (wooden mortar) & kine (mallet)
  • Kamishibai (traditional picture-showing books)
  • Japanese traditional toys
  • Japanese food display samples (osechi, rice cake, and sushi)
  • Bangasa (umbrella)
  • Hanagasa (festival hat)
  • Japanese flags

自分は、今回は餅つき用の杵と臼、法被をお借りしました。

餅つき用の杵と臼ですが、非常にしっかりとした木製のもので、おそらく重さ的には20-30kgくらいあります。総領事館さんは、貸し出しは無料で行ってくれるのですが、借りる人が総領事館さんまで訪問してdoor-to-doorで持ち運びなどをしないといけないので、おそらく2-3人くらいの人で行かないと持ち運びができないと思います。自分は、2人で以下のような荷物運び用の荷台を持って行きました。電車で移動は不可能なので、車で移動する必要があるのですが、総領事館さんの近くは駐車が難しいのでUberなどのタクシーで行った方が良いです。

写真にも映っているのですが、臼は、乾燥によるひび割れを防ぐために、前日から中に水を入れておく必要があるそうなので、少なくとも借りるのはイベントの前日になるそうです。

杵と臼をレンタルした際に、あってよかったと思うのは以下のような物品です。

  • 運搬用の荷物運びカート (上述の通り、持ち運びの際には必須です)
  • いらないバスタオル (臼は結構水漏れなどがするのであった方が良いと思います)
  • 子供用の食べても問題のない粘土 (臼にヒビが入っていて水漏れするので、水を張るときに粘土を詰めておきます)
  • 大きめのブルーシート(餅つきをする際に、餅が飛んで床につくと取れないので必須です)
  • たわし (餅をついた後には、水だけで杵と臼を洗わなければならないのですが、餅がなかなか取れないので、洗剤がついていないたわしのようなものが入ります)
  • 水をはる大きなボール
  • できた餅を入れておく大きな容器 (オーブンで使うような大きい銀色の四角の容器が使いやすかったです)
  • 炊飯器(もち米は、本来は蒸さないといけないのですが、大変なので、象印の電気炊飯器を使いましたが、全然問題なかったです)

あと、法被ですが、イベントの際にボランティアの方に来てもらったのですが、法被を着るだけで雰囲気も出るし、日本人でないボランティアの人は、法被をきるだけでも日本文化を体験しているような感じになって、嬉しそうでした。総領事館さんでは、かなり多くの(20-30着)くらいの法被があるようで、サイズも大きなLLから日本のMサイズまであるとのことでした。

当然ながら、返却の際には洗濯かクリーニングをして返却をするのですが、お金が勿体無いと思って、自分で洗濯しアイロンがけをすることにしましたが、これは完全に洗濯とアイロンがけに必要な労力を見誤っていました。だいたい20着ほどを借りたのですが、洗濯、アイロンがけを一生懸命やっても3-4時間くらいかかってしまいました。これは、初めからクリーニング代を予算として計上しておけばよかったなぁと非常に後悔しました。

5 1 vote
この記事の評価 (登録なしで評価できます)
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments