継承日本語話者の日本語と英語能力と家庭でのサポートの関係

  • Mori, Y. & Calder, T. M. (2017). The Role of Parental Support and Family Variables in L1 and L2 Vocabulary Development of Japanese Heritage Language Students in the United States. Foreign Language Annals, 50(4), 754-775.

Mori & Culture (2013, 2015)のデータを使い、家族のサポートと日本語の継承語の保持についての関連を調べた論文です。Factor Analysisを使い、家族のサポートを5つの要素に分けたところ、以下のような結果が得られたとのことです。

  1. 日本語のボキャブラリーと相関
    • 家庭での日本語での読書
    • 継承語話者の第一言語
    • 家族の日本語能力の目標設定
  2. 英語のボキャブラリーと相関
    • 家庭での日本のポップカルチャー (負の相関性)
    • 家庭の将来の居住先の予定
    • 母親の英語能力
    • 家庭での英語の使用頻度

ポイントとしては、日本語能力と英語能力と相関性のあるものは同じものではない(一つのことをすると日本語能力は上がるが、英語能力は下がるということではない)ので、それぞれの言語能力を高めるために、いろいろ異なった努力をする必要があるとのことです。

Foreign Language Annalsでは、一部の論文にはビデオアブストラクトというのがあるそうで、このアーティクルの紹介を著者の森先生とカルダー先生がYouTube Videoで紹介されています。

0 0 votes
この記事の評価 (登録なしで評価できます)
Subscribe
Notify of
guest

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments