ロサンゼルス近郊の継承日本語話者の人口動勢 (Treist et al., 2022)

Mutilingual La La Landというロサンゼルス近郊の継承語話者の人口動勢の本が2022年に出版されるのですが、その中の一章で、継承日本語の最近の人口動勢について書かれています。

Triest, M. A., Hayashi Takakura, A., & Hitchins Chik, C. (2022). Japanese: Language Practices and Cultural Exposure over Multiple Generations in Greater Los Angeles. In C. Hitchins Chik (Ed.), Multilingual La La Land: Language Use in Sixteen Greater Los Angeles Communities. (pp. 151-169). Los Angeles, CA: Routledge. (https://www.routledge.com/Multilingual-La-La-Land-Language-Use-in-Sixteen-Greater-Los-Angeles-Communities/Chik/p/book/9781138580510)

2021年11月にこの本の発表会があったのですが、その際にMary Ann Triest先生もロサンゼルス近郊の継承日本語についての発表がありました。発表の録画が https://nhlrc.ucla.edu/nhlrc/event/15306で見られます (see 2:09:22 to 2:25:00)。

5 1 vote
この記事の評価 (登録なしで評価できます)
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments