日本語、中国語、韓国語の継承語教育についての編集本

アメリカの言語学者の間では、CJKとまとめられて話されることが多い日本語、中国語、韓国語の継承語教育に関する編集本です。編集者は、日本語継承語で著書が多い近藤ブラウン先生と、言語評価などが専門のJD Brown先生で、内容的には研究者向けの論文が多いと感じでした。日本語継承語教育の研究は、韓国語や中国語など、継承語話者が多い言語に比べると非常に数が少ないので(特に英語で書かれたものは本当に少ないので)、貴重な論文集だと感じます。

  • Kimi Kondo-Brown and James Dean Brown. (2008). Teaching Chinese, Japanese, and Korean Heritage Language Students: Curriculum Needs, Materials, and Assessment, Lawrence Erlbaum, New York, NY. (https://amzn.to/3fSicqW)

この本の中で、日本語に関する論文は以下の5点ありました。

  • Ch02 Issues and Future Agendas for Teaching Chinese, Japanese, and Korean Heritage Students
    Kimi Kondo-Brown

  • Ch03 Japanese and English Language Ability of Students at Supplementary Japanese Schools in the United States
    Hiroko C. Kataoka, Yasuko Koshiyama, and Setsue Shibata

  • Ch04 Measuring the Japanese Proficiency of Heritage Language Children
    Tomomi Hasegawa

  • Ch06 A Separate Track for Advanced Heritage Language Students?: Japanese Intersentential Referencing
    Kimi Kondo-Brown and Chie Fukuda

  • Ch11 Curriculum Design for Young Learners of Japanese as a Heritage Language
    Masako O. Douglas
0 0 vote
この記事の評価 (登録なしで評価できます)
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments