「親と子をつなぐ継承語教育 日本・外国にルーツを持つ子ども」

親と子をつなぐ継承語教育


「親と子をつなぐ継承語教育 日本・外国にルーツを持つ子ども」という本が、ハワイ大学の近藤ブラウン妃美先生らの編集で2019年の9月に発行されるそうです。

四部構成で、最初の章は、言語学的な見地からの継承語についての解説、二章目は、心理、教育学的な見地からの解説、三章目が海外の日本語継承語教育、最後の章が日本国内の日本語以外の継承語教育となっています。とても面白そうな本なので注文しました。また本が届いたらリビューを書こうと思います。

0 0 vote
この記事の評価 (登録なしで評価できます)
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments