家族キャンプに行く計画 (KOA Newburgh編)

2022年の夏に、New York City North / Newburgh KOA Holidayというファミリー向けのキャンプ場に3泊の小旅行に行ってきました。総合的な感想は以下の通りです。

  • KOAというキャンプの大手のチェーンがやっているキャンプ場の中で、最もニューヨーク市から近いロケーション。渋滞がない時だと、車で1時間30分くらいで着く。ニューヨーク近郊で渋滞があると、その分時間がかかるので、渋滞を避けられるような日程で行った方がいい。
  • KOA Newburghは、ファミリー向けのキャンプ初心者にも優しいキャンプ場で、売店や子供が遊ぶ用のプールや遊戯道具などがたくさんある。キャンプの道具で忘れ物があっても、大体必要なものは全部売店で購入できるし、キャンプの食事作りに失敗しても、車で10-15分くらいのレストランがデリバリーをしてくれたりする。電気、水道もしっかりしているので、キャンプ場で家族一緒に路頭に迷うような事はない。ただ、最低限なキャンプ道具(寝る道具や料理道具など)は必要なので、家族連れであればおそらく車を利用しないと、現地で全てを調達するのは難しいかもしれない。
  • あったかい共同シャワー、ランドリー、カフェ、プール、ミニゴルフなどがあって、キャンプ場的には完璧すぎるくらいの設備がある。週末は、ワインテースティングなどもしているらしい。
  • いろいろサービスがある一方、自然に囲まれたキャンプ体験という感じはちょっと少ない。ああ、山が綺麗だとか、川の水が冷たいだとか、自然が素晴らしいという体験は期待しない方がいい。
  • 泊まっている人たちのほとんどが、RVで旅行中の人が数日滞在するという感じで(多分、半数以上の人はRVで宿泊している)、20-30%くらいがキャビンのレンタル、のこりの20-30%くらいがテントでの素泊まりという感じ。こじんまりとした場所で、隣の人がすぐ横に見える距離にいるので、RVでアメリカを横断中の家族やらと話したり、超豪華なRVが見られたりと、他の人と関わり会う機会も多い。
  • 料金的には、電気と水道付きのテント用の場所で$60程度。トイレがないキャビンで$110程度。超豪華な冷暖房、トイレ、シャワー付きのキャビンもあり、そこで$250程度。

Map

Image 1 of 1

今回はトイレなしのキャビンを借りました。キャビンはとても綺麗で、swing chair、fire pit, grill, tableなどがありました。テレビとケーブルテレビもついていたのですが、これは個人的には必要ないかなぁと感じました。キャビン内に明かりはあるのですが、夜になるとかなり暗くなるので、小さいキャンプ用のLCDライトを重宝しました。あと、虫除けのネットがあちこち破れていたのを塞ぐのに、持っていっていたmasking tapeも役に立ちました。 

1

Image 1 of 9

子供向けの遊び場所は多く、たぶん年齢的には10歳前くらいの子供にはちょうど良いかと思います。プールは広く、深い場所もあるので、プールの道具と浮き輪などがあると良いかもしれません(なくても、売店で買えます)。

1

Image 1 of 12

トイレとシャワーもキャンプ場のものとしては非常に綺麗で快適でした。ランドリーとドライヤーまであるので、着替えなどはそれほど多く持っていかなくても良いと思います。

1

Image 1 of 12

全体的には、ニューヨークから1.5時間で行ける場所だと、こんな感じかなと思います。最初の子連れのキャンプにはおすすめです。大自然の中で、本格的にキャンプをしたい人には、もう少し離れたキャンプ場の方が楽しめるかもしれません。

5 1 vote
この記事の評価 (登録なしで評価できます)
Subscribe
Notify of
guest

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments