ニューヨークの子供遊びスポット: Camelback Mountain Resort

ニューヨークから車で2時間くらいのCamelback Mountain Resort (301 Resort Dr, Tannersville, PA 18372 / https://www.camelbackresort.com) という所に行ってきました。Camelbackは、ニューヨーク近郊では有名なスキーリゾートですが、夏場も、屋内プールや屋外のwater parkなどがあり連日家族づれ人たちで賑わっています。残念ながら電車やバスなどの公共交通機関がまったくないので、車を借りていくしかないのですが、その分、移動の際の荷物などの制約がなかったので、逆に良かったと感じました。

料金的には、部屋ごとに料金が課金されるシステムで、親子4人であれば、一番小さい部屋 (2 twin beds)で十分な広さがあり、料金は$200/night程度でした。ちょっとリゾートのホテルでは高いかなぁと感じたのですが、料金の中には、屋内のプール入場料、あと、屋外施設の利用チケット (冬場はスキーリフト、夏場はwater park入場チケット)があるので、部屋や施設のクオリティーなど総合的には考えると料金はちょうどよいか、お得なくらいかと思います。訪問している人は、冬のスキーシーズンは若い人も多いのですが、夏場はほぼ全員が小さい子供づれの家族でした。施設的には、2-3歳の小さい子供から12-13歳くらいまでの大きめの子供まで楽しめそうな施設があるので、おそらく家族に人気があるのだと思います。

実は、ここに来るのは二回目で、前回はスキーをしに冬に来ました。まだ子供が小さかったので、スキーは練習程度しかできなかったのですが、その際に屋内プールが非常に楽しかったのと、屋外のwater parkがあったので、それを試しに今回は夏に来てみることにしました。もしCemelback Mountain Resortに行くのであれば、冬がオススメです。というのは、夏は、屋内のプールとwater parkが被っているので子供達の感動が少なかったような気がします。他方、冬場は、屋内プールで泳いだ後にスキーをしたり、スキーチューブなどで遊んだりできるので、子供達は非常に感動していました。ちなみに、Water parkやski tubeの様子は、ライブビデオがあり見られるようになっています。

https://www.camelbeach.com/galleries/pa-waterpark/

当日実際に訪問するまでwater parkの地図がなかなか見つからなかったのですが、入手した地図は以下のような感じです。自分の6歳の子供は、Kahuna Lagoon (wave pool)、Pharaoh’s Phortress, Blue Nile Adventure Riderがお気に入りで、下の3歳の子は、Kahuna Lagoon (wave pool)と、Blue Nile Adventure Riderの近くにある砂場と、その近くにある小さいプールがお気に入りでした。上の子どもと一緒に、最後にTitanという乗り物に乗ったのですが、結構怖くて泣きそうだったのですが、今でもその時の話はみんなで笑ってできるので、非常に楽しい思い出になりました。

Camelbeach2019Photo1

旅行の準備ですが、準備をする際にウェブサイトなどで情報を集めたつもりなのですが、非常に情報量が多く、なかなか全体像が見えにくいと感じました。部屋のパッケージにしても、いろいろな割引があり、いったいどれが得なのか、何が付いてきて、何が付いてこないのかは料金を払ってからじっくり説明を読まないとわからないという印象でした。

今回の旅行のプランで良かったことは、

  • レンタカーを借りていった。車がない人は、Uberなどで行くという手段もあったようですが、料金的にはそれほど変わらず、しかも病気になった際などに病院に移動する必要がある際には、レンタカーがあると安心だった。
  • 部屋に小さい冷蔵庫があったので、ミルクやスナックなどを多めに持っていった。リゾート施設ホテルなので、食事や細かいものが高く(確かベーグルは$2-3ドルしました)、そういう小さいものでお金をかけなくて良かったのは正解だった。
  • 食事は、ホテルの中だと、地下にあるピザ屋以外は、非常に高い値段設定 ($25-30/person)くらいになっていた。ピザ屋を発見できて、そこをフル活用できて良かった。
  • プールに携帯を持ち込める$10程度の耐水性ケースを購入して持っていった(http://amzn.com/B07C1YP4KF)。安かったので少し心配だったが、ケースに入れたままでも、綺麗な写真が撮れるようになっているので、プールに入りながらでも写真を撮ることができた。
  • 耐水性の大きめのバックがあって便利だった。屋内施設は、現金を使うところが少なく(支払いはホテルの鍵で支払いができる)、財布は部屋の貴重品箱に入れておき、その他盗まれても良いようなものは全て大きめのカバンに入れて、椅子の近くに置いておいた。屋外施設は、お金を使ったり携帯が必要なこともあるので、財布と携帯を持っていったが、小型のロッカー(財布や小さめのカバンが入る程度の大きさ)を有料で借りられたので、そこに現金と携帯をいれておいた。借りるロッカーは、鍵を1日間借りるシステムで、何度でも開けられるような感じだったので、便利だった。

しておいた方が良かったことは、

  • バスタオルは、屋外のwater parkではもらえないので、自分のを持っていない場合は購入する必要がある。自前のものを持って来れば良かった。
  • 子どもが気に入った場所で数時間いることが多かったので、全部の施設を見ることができなかった。無理をしてでも、全体を一度みてから行動すれば良かった。
  • 子供用の常備薬を持っていけば良かった。下の子供が、プールの水を飲みすぎたのか夜に調子が悪くなったが、子供用の常備薬などはホテルにはなかった。近郊のER/hospitalのリストはもらえたが、どれも10-15分くらいかかるところで、over-the-counter medicineのようなものを買えるところは少なかった。

もう2回も行ったので、来年も行くかどうかはわかりませんが、比較的予算を抑えめで家族で楽しい思い出が作られるとてもよい旅行だったので、オススメです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.